毎日のお風呂を楽しく♪バス用品の紹介

first 0 Comments

入浴の大切さ

日本人は湯船につかることが当たり前の生活をしています。
お湯に浸かることで毎日の疲れを取ることができますし、リラックス効果も得ることができます。

睡眠と入浴は深い関係があります。
入浴することで副交感神経の働きを高め、自律神経のバランスが整います。
これは、質の高い睡眠を得るためにとても大切なことですし、病気のリスクを回避することもできます。

しかし、正しい入浴方で入らなければ心臓発作や脳梗塞の原因にもなります。
湯船につかれば気持ち良いのですが、寒い季節には湯船に入るまでの気温差も辛いものです。

そしてシニア層にとってはそれ以外にも、体の動きの悪さが原因で入浴が大変と感じる人も多くいます。
そのため、シニア層の中ではお風呂は好きなのに湯船に浸かりたがらない人もいるのです。

シニア向けバス用品

健康のためにも入浴はしたいものですが、お風呂には怪我や事故の要因となるものもたくさんあります。
そこで、シニア層の入浴時の事故防止のためのものや、入浴を楽にできるものや、楽しむことができるものが最近では販売されています。

不自由が出てきた際にお風呂場のリフォームをするのはとても大変なことです。
家族で一緒に住んでいる場合には、使い勝手が悪くなってしまうこともありますし、リフォーム中の入浴の問題も出てきてしまいます。
そこで、最近は簡単に取り付けられる手すりや介助装置が販売されています。

他にも、小さな丸いバスチェアではなく背もたれのある大きなタイプのバスチェアもあります。
そして、転倒防止のためのマットや段差もあります。

このような入浴が楽になるアイテムだけでなく、リラックスできるアイテムもあります。
若い人が温泉に入って気持ち良いのと同じで、シニアも温泉に入ることは疲れが取れたり芯から体があたたまったりと言う効果が得られます。

なかなか温泉に行けなくても、温泉の素のような入浴剤を入れることで温泉気分が味わえてお風呂を楽しむことができておすすめです。
ただし、入浴剤の中には滑りやすくなるものもありますからきちんと選ぶことが大切です。

Previous Post

Next Post