お花に囲まれる毎日を♪ガーデニングをはじめよう

first 0 Comments

庭園作成の楽しさ

ガーデニングは、家庭で行われる造園や園芸の一つのことを言います。
自宅の庭やベランダで草花を育てるだけでなく、棚や石畳を用いて装飾も行います。
もともとは、イギリスの家庭で営まれていた庭園作成の技術が日本でも導入され定着しました。

ガーデニングというと、家庭菜園との違いがわからない人も多くいるものです。
最近では、家庭菜園を営んでいてもガーデニングをしていると言われることもあります。
しかし、厳密に言うと両者には違いがあるのです。

ガーデニングは庭の美しさに重きが置かれ、家庭菜園は農作物の生産性に重きが置かれています。
植物を育てるということでは同じですが、必要な栄養や土の種類が異なります。
また、使う道具も異なりますから、きちんと目的を絞りそれにあった準備が必要です。

ガーデニングの準備物

ガーデニングを始めるには、まずは自分の庭やベランダの環境を知ることから始まります。
日当たりや気温、広さといった条件から育てやすい植物や相性の良い植物がどのようなものかを知ることが大切です。
その中から、自分の好みの植物や目指す庭の姿をイメージしていきます。

ガーデニングには様々な種類があります。
その発祥であるイングリッシュガーデンはオーナメントが飾られている華美なものですし、伝統的な日本庭園を作ることも立派なガーデニングです。
ガーデニングだからと洋風な庭にこだわらず、インターネットや本を参考に様々な庭を見て、自分の理想の庭を作っていけば良いのです。

ガーデニングと健康効果

ガーデニングをすることは心と体にとても良い効果があると言われています。
花をはじめとした植物に囲まれた暮らしは日常の疲れに癒しを与えてくれます。

そして、ガーデニングをすることは五感を使う作業です。
日頃使っていない神経を使ったり、感受性や感情を豊かにすることができます。
育てる作業は頭を使いますし、人間らしい感情を取り戻すことにも効果があります。

そして、ガーデニングを行うと規則正しい生活になりますし運動不足の解消にもなります。
植物が枯れないように水遣りが必要ですし、草抜きや虫よけをすることも必要です。
植物を育てることで責任感が芽生えると、なかなかできない早起きをしたり、疲れていてもガーデニングの時間を作るために健康管理をするようになったりするのです。

また、日光に当たることは体にとても良いことです。
体が丈夫になりますし、カルシウムの吸収をよくして骨を丈夫にします。
ただし、紫外線を浴びることはシワやシミの原因になりますし、皮膚癌になる可能性もありますからきちんと対策をして作業をすることが大切です。

Previous Post

Next Post