体への負担も少ない水泳の良さ

yokijinsei.net 0 Comments

体への負担が少なくダイエットに最適のプールで運動

高齢者に人気の健康維持スポーツとして知られる、水泳。
日頃運動をしていない方が急激に運動をすると、膝や腰にダメージを負う可能性がありますが、プールはその危険性を全面的に排除してくれます。

水の中では、外にいるときに比べると、体重がかからない分、体への負担が最小限にとどめられます。
ですが、水の抵抗によって、体全体を動かすことが出来、しっかりと運動をすることが出来ますので、ダイエット、健康維持にも最適なのです。

体重が重く、激しい運動をすることが出来ないという方や、腰痛や関節痛を患っているため、運動は難しいという方。
そんな方にも、水泳はまさにぴったりのスポーツだといえるでしょう。

プールと言っても、冷たい水ではなく、温水プールが用意されている場所も多数存在します。
いきなり冷たい水に浸かると内臓に負担がかかってしまう可能性がありますので、出来るだけ負担を減らしたいという方は、温水プールを利用しましょう。

高齢者向けクラスは多数存在

プールによっても異なりますが、高齢者に向けたプランを行っているプールは多数存在します。
準備運動をはじめ、簡単なエクササイズやウォーキングなど、楽しく体を動かすことが出来る指導をしてくれる場所も多いでしょう。
高齢者を中心に、リハビリ目的の方など、様々な方が参加されていますので、皆で楽しく水泳をすることが出来ます。

高齢者クラスであった方同士で仲良くなり、お友達が出来るという方も少なくありません。
一緒にプールに通う、プール友達を見つけることが出来る場合もありますので、その場合、水泳がより一層楽しくなるといえるでしょう。

ゆったり泳ぎとがっつり泳ぎ、お好みのプランを選びましょう

プールを利用する際には、プールを歩きながら運動をする、ゆったりタイプと、クロールや平泳ぎでがっつりと泳ぐタイプが存在します。
どちらでも参加可能ですので、プールの決まりに合わせて利用をしましょう。

ゆったりタイプとがっつりタイプは、基本的にプールのコースが分けられており、全く別の場所を利用します。
ですが、自由に行き来をすることが可能なことがほとんどですので、ゆったりタイプに飽きたら、次はがっつりを利用し、疲れたらゆったりに、と、行き来をすることが出来るでしょう。

自分のペースに合わせて泳ぐ方法を変えることが出来ますので、体調と相談をしながら、水泳を楽しんでみてください。
一人で水泳をしに来ることはもちろん、ご夫婦や、お友達とも一緒にプールを訪れることは可能です。
市民プールなどの場合は、非常にお得なシニア料金を設定している場合もありますので、お得に利用が可能でしょう。

Previous Post

Next Post