80歳で20本の歯を保つ!虫歯・歯周病を知る

yokijinsei.net 0 Comments

高齢者に多い、総入れ歯や差し歯

高齢者に多い、入れ歯や差し歯。
自分の歯が残っているという方は少なく、中高年になると、何らかの原因で、自分の歯が少しずつ失われているという方が多いでしょう。

その原因としては色々とあげられますが、一番多いのが、虫歯、歯周病によるものです。
虫歯や歯周病によって自分の歯が致命的なダメージを負ってしまい、自分の歯での生活が困難になった結果、入れ歯や差し歯の選択を余儀なくされるのです。

ですが、高齢者になっても自分の歯をすべてキープしているという方も、少なくありません。
適切なケアさえ行っていれば、一生涯、自分の歯だけで暮らしていくということも、決して難しくはないのです。

反対に若者でも、虫歯や歯周病にやられて、若いうちから自分の歯がなくなってしまったという方も少ないないでしょう。
結局のところ、自分自身のケア次第であると言えます。

自分の歯をキープするために大切なデンタルケア

自分の歯をキープするためには、日頃のデンタルケアが何よりも大切です。
歯磨きのやり方ひとつで、虫歯や歯周病をしっかりと予防することも可能ですので、毎食後の歯磨きを忘れないようにしましょう。

歯磨きを行う際には、歯そのものを磨くことはもちろん、歯と歯の間、歯と歯茎の間などを、念入りにブラッシングしましょう。
ですが、力強くこすってはいけません。
歯茎部分は特にデリケートですので、下手にごしごし磨いてしまうとダメージが蓄積し、虫歯や歯肉炎の原因となります。
丁寧に、何度も、優しく磨くように心がけることで、歯肉炎や虫歯を予防できるでしょう。

歯磨きはもちろん、定期的な歯科検診を受けることも

歯磨きで日頃からケアをすることも大切ですが、定期的に歯科検診を受けることで、より確実な歯のケアを行うことが出来ます。
ホワイトニングをするだけでも、歯垢をしっかりと落としてもらえますし、口の中全体のケアをしてくれますので、虫歯予防には最適です。

虫歯が出来てから、歯周病になってからなど、何か用事がないと歯医者はなかなか行かないかもしれませんが、それは間違い。
定期検診と同じで、定期的にメンテナンスをしてもらうことで、健康をキープすることが出来るのです。

あごの筋力不足、歯茎の筋力不足も歯がなくなる原因に

日頃から柔らかいものばかり食べているという方は要注意。
あごの筋力不足や、歯茎の筋力不足によっても、歯周病などの原因となる恐れがあります。

筋力を鍛えるために、何度もかむ必要がある食材を食べるように心がけることが大切です。
おせんべいなどの固いお菓子、何度も噛むような食事を食べるようにすると、自然と歯を鍛えることが出来るでしょう。

Previous Post