適度な運動にボーリングを始めてみませんか?

yokijinsei.net 0 Comments

シニア世代の適度な運動にボーリング

高齢者は健康維持、筋力アップのために、定期的に運動をすることが大切です。
ですが、筋トレをしたり、ジムに通うとなると、なかなか腰が上がらないと感じる方は少なくないのではないでしょうか?
そんな時は、気軽に楽しむことが出来るボーリングで、健康維持、筋力アップを図ることをおすすめします。

ボーリングは、ご存知の通り、ピンをボールで倒すだけの非常に簡単なゲームです。
ですが、持つ、歩く、投げる、かがむなど、生活をする際に重要な動作がいくつも含まれていますので、筋力向上にはまさにぴったりです。
遊び感覚でプレイすることが出来ますので、ストイックではなく、楽しく続けることが出来るのも大きなメリットでしょう。

屋内で快適な環境の中出来るスポーツです

ボーリングは、屋内で行うことが出来るスポーツのため、天気や気温に左右されることがありません。
屋外ですと、夏場の強い日差し、暑い気候や、冬場の凍えるような気温に耐える必要がありますので、ある程度行動が制限されてしまうことがネックでしょう。
ですが、ボーリングにはそのようなことが一切関係なく、常に快適な環境でプレーすることが出来る点が、大きなメリットです。

ボーリングをしている時は軽く汗ばむこともあるかと思いますが、そのくらい運動をしても、体に悪影響は及ぼしません。
毎日でも通おうと思えば通うことが出来るスポーツといえるでしょう。

体全体を使えるので健康維持に最適

ボーリングは、ただボールを投げるだけと思われがちですが、体全体を使って行うゲームですので、自然と筋力アップ、健康維持に繋がります。
腕の筋力はもちろん、腰、下半身も鍛えることが出来ますので、高齢者が骨折をしやすいと言われている部分を、自然とトレーニングすることが可能です。

また、ボーリングを一人ではなく、誰かと一緒に行く場合。
大人数で行けば、自分が投げるまで少し休憩をすることもできますので、無理のないペースで楽しむことが出来るでしょう。

ボーリング初心者は無理のしすぎに注意

日頃からあまり運動をしないという方や、ボーリングの初心者の方は、注意が必要です。
無理をして変な筋肉を傷めてしまうと、体が動かせなくなってしまう恐れもありますので、十分注意してプレーすることが必要でしょう。

ボールの重さを最も軽いものにして、動きも急激にならないように、予備動作をつけるようにすることで、負傷を防ぎやすくなります。
疲れたらゆっくりと休むことで、転倒、骨折の心配がなくなるでしょう。

あくまで無理のない範囲で楽しむことが出来るのが、ボーリングの特徴です。
慣れないうちは、気楽に休憩を交えながら、プレーをしていくようにしましょう。

Previous Post